« 口内炎 | トップページ | 日本版ナッツ姫 »

2015年9月 4日 (金)

第二の人生

memo某夕刊紙で、「人生二毛作」というシリーズ記事があります。
「大手電機の米法人元社長が落語と講演で社会に貢献」という見出しが目に止まりました。
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150904/ecn1509040830001-n1.htm
三遊亭圓王師匠が指南されている社会人落語家の集団「三遊会」のメンバーの方が、。
圓王師匠と言えば、最初の師匠が圓窓師匠だったはずで、同じように、素人の落語の指導をされているんですね。
「三遊亭大王」という高座名だそうですが、圓王師匠は素人のお弟子さんにも「三遊亭」を名乗らせているんです。
一方、圓窓師匠は、指南場所やグループによって様々な高座名をくださっています。
亭号だけで言えば、三流亭・千早亭・N文亭・紅巣亭・有難亭・・・・。
ちょっと羨ましいなぁ・・なんて思ったりして。

« 口内炎 | トップページ | 日本版ナッツ姫 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事