« 千早亭大三九さん | トップページ | 千早亭ワッフルさん »

2015年9月30日 (水)

千早亭永久

scissors私だけ高座での写真がありません。
その理由は、出演者の高座での写真は、私がスマホで撮っているから。
千早亭永久
「五百羅漢」が、こんなに人情噺だったとは、演者の私でも全く気がつきませんでした。
私の後に出るワッフルさんが、高座に上がっても、涙が止まらなかったそうです。
女性の涙腺に訴えられたとしたら、師匠の高座本が素晴らしいからです。
千早亭落語会は、新しい噺のネタ下ろしをさせていただくには格好の場だと思います。
今回の意外な受け方は、「救いの腕」を演った時と似ている気がします。
それにしても、私が上がる時には、満席で椅子を増設するほどの盛会でした。

« 千早亭大三九さん | トップページ | 千早亭ワッフルさん »

千早亭」カテゴリの記事