« 第一関門? | トップページ | 心配ごと »

2015年9月14日 (月)

真仮名さんから

昨日の「もののけ落語の会」で共演した有難亭真仮名さんから、ご丁寧に慰労のメールが届きました。
今日はありがとうございました。
本当にいい勉強になりました。
梅八さんの狸に永久さんの怪談。
お客様も喜んでくださったと思います。
やはり猫怪談は秀逸でした。与太郎というキャラクターではなく、与太郎という一人の人間が高座の上で見事に生きていました。
今後もこうした交流の機会を増やして行きたいですね。
お疲れさまでした。
早速、お礼の返信を送りました。
こちらこそありがとうございました。
噺の出来はともかく、お二人と共演出来て、とても楽しかったです。
高座の機会は、絶対に逃したくありませんから、今回の真仮名さんのお誘いには、心から感謝しています。
重ねて御礼を申し上げます。
最近は、演読から自分の言い回しが出来るよう、感情移入が出来るようにと、究極の語りを探したいと、必死にもがいています。
師匠の芸の一端でも、何とか身につけたいと思います。 
今度は、交流(合同)落語会が出来るといいですね。
楽しみにしています。
今夜は早く寝て、明日から、土曜日の「一人酒盛」の稽古を始めたいと思います。
本当にありがとうございました。
お疲れさまでした。
真仮名さん、本当にありがとうございました。
梅八さんが、写真を撮って、ご自身のブログに投稿されると思いますので、楽しみにしています。

« 第一関門? | トップページ | 心配ごと »

千早亭」カテゴリの記事