« 立川流真打 | トップページ | 着物選び »

2015年9月26日 (土)

実家にて

car実家に日帰りで。
富士山は、終日姿を見せず。
すっかり秋になって、柿の実も、まだ青いものの、枝をしならせています。

町の広報誌の表紙は、夏の軟式野球の全国大会でベスト8まで行った、地元のチームの選手たちの写真でした。
この後、別の山梨県大会では見事優勝しました。
最後列右端が、近所の家の孫で、パーフェクトを達成した男の子。

旦那寺の若住職が、11月から荒行に入行するという挨拶状も届いていました。
日本三大荒行と称される、市川の中山法華経寺の大荒行堂で、100日もの間、完全に世間から遮断される結界修行。
1日7回の水をかぶり、朝夕2回の粥をすすり、睡眠時間2~3時間という中で、読経・写経等、ひたすら仏に祈り続けるそうです。
彼は、今回で3度目の荒行(第参行)だそうで、この修行では、福寿を司る「大黒さま」を感得(大黒相承)するそうです。

マイナンバー制度の説明冊子も配布されています。
ところで、広報を見ていたら、人口の増減の欄がありました。
7月1ヶ月で、11名が亡くなりました。
このうち、30代が1名、60代が1名、70代が1名、80代が3名、90代が5名。
一方で、誕生した子どもは2名だけ・・・。
超過疎地のパターンです。

« 立川流真打 | トップページ | 着物選び »

徒然」カテゴリの記事