« 帰りの富士山 | トップページ | 地震 »

2015年8月27日 (木)

百梅さん

book先日の落語っ子連の稽古。
   百梅さん
百梅さんは「狸の札」。
百梅さん
師匠が、この噺を他の連の何人かが稽古していると・・・。
競演状態と言うことです。
くすぐりも仕草も多く、人気のある噺なんですね。
百梅さん
百梅さんは、前にやった「桃太郎」や「火焔太鼓」でもそうでしたが、子どもが得意です。
師匠によれば、この噺の競演者の中では、百梅さんの狸が一番可愛いそうです。
百梅さん
面白いのは、「狸の札」を「たぬきのさつ」と読まずに、「たぬきのふだ」と読んでしまって、苦労している人がいるそうです。
確かに「ふだ」とも読みますからね。
「ふだ」でインプットされてしまったのでしょう。
仕事も忙しいようですが、楽しそうに稽古をやってくれています。

« 帰りの富士山 | トップページ | 地震 »

落語っ子連」カテゴリの記事