« 三遊亭小遊三師匠評 | トップページ | 匂いと臭い »

2015年7月23日 (木)

有難亭真仮名さんから

H27_youkai_banner
真仮名さんから、9月13日(日)の千葉県立中央博物館での高座の件でメールがありました。
高座名と演目の確認です。
う~ん・・・。
「金願亭乱志」「三流亭流三」「千早亭永久」・・・。
うむむ・・・。
「通夜の猫」「牡丹燈籠」・・・。
まずは、演目を固めましょう。
やはり「通夜の猫」が良いと思います。
でも、この噺の最初のきっかけは、入船亭扇橋師匠の音源だったから、「猫怪談」ということにします。
千早亭落語会の高座姿
それならば、「通夜の猫(猫怪談)」は、千早亭で演っているから、「千早亭永久」にするのが良いでしょう。

« 三遊亭小遊三師匠評 | トップページ | 匂いと臭い »

千早亭」カテゴリの記事