« 渋谷駅冠水 | トップページ | 歌麿の美人画 »

2015年7月25日 (土)

ペットボトルのお茶

japanesetea今さら・・・という話ですが。
41vsrrv7xyl_sy400_ペットボトルのお茶は、普段から手が離せません。
ましてこの暑さですから、命の水です。
この手のお茶は、自動販売機だと1本150円ぐらい、コンビニなどだと120円ぐらいが相場でしょうか?
街の安売りの店だと、ダンボール1ケース24本で、70~80円程度でしょうか。
銘柄にもより、「お~いお茶!」や「伊右衛門」は、そこそこします。
Amazonで、「あなたのお茶」というのが、1本あたり50円代。
他のサイトでは、もっと安いのもありましたが、配送料金が数百円かかります。
Amazonでは、配送料金が無料で、しかも翌日配達。
それで、試しに注文してみました。
昨年は、家内に生協からCoop商品を配達してもらっていました。
また、「カルピスオアシス」という、糖質ゼロの乳酸飲料も安かったので注文しました。
000013413_3ダイエットをしていると、やはり糖質(炭水化物)の表示が気になります。
よくあるのは、100mlあたりというやつ。
「おっ、これはそれほど高くない」と思ってしまうのですが、500mlのボトルであれば5倍になる訳で、騙されないように気をつけています。
”カロリーオフ”とか”低糖”と表示されているのが、意外に"曲者"なんです。
尤も、これは飲み物に限らず、食品でも、100gあたりとか、複数包装されているものは1個あたりとか、紛らわしいのがあります。
糖尿病患者が増えていますから、今後さらに、低糖ビジネスは大きくなって行くと思います。
食べ物・飲み物のバリエーションがさらに増えるのを楽しみにしています。

« 渋谷駅冠水 | トップページ | 歌麿の美人画 »

徒然」カテゴリの記事