« 日本人 | トップページ | マクラだけの・・・? »

2015年7月 6日 (月)

お疲れさま

soccerなでしこのコメント・・・・。
K10010140341_1507061033_1507061037_
 佐々木監督「選手たちを誇りに思う」「誇りを持って日本に帰る」
 宮間主将 「応援してくれた方に申し訳ない」
 澤「 悔いなく、やり遂げた」
 
川澄 「悔しさバネに五輪に向け頑張る」
 
大儀見 「まだまだ足りないものがあった」
 

 宇津木 「世界で2位を誇りに思いたい」
 
岩清水 「チームに申し訳ない」 
 
 有吉 「悔しいが胸を張って帰りたい」
 鮫島 「セットプレーからの失点が痛かった」

 岩渕 「出し切った結果が準優勝」
・・・みんな、説得力のある、素晴らしい言葉です。
それに比べて、「感動と勇気を与えてくれた」と言う、五輪相のコメントのつまらないこと。
もっと気の利いた、粋なコメントは出来ないのでしょうか?
「よくやった!感動した!」は、ダメですが。

« 日本人 | トップページ | マクラだけの・・・? »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事