« F1ドライバーの死 | トップページ | 牡丹燈籠・お露と新三郎の音源 »

2015年7月20日 (月)

愛車帰宅

bus定期点検が終わったので、愛車を受け取りに。
愛車帰宅
本当は昨日完了していたのですが、孫と離れたくないので、今日行くことにしました。
いつもなら、健康のため、駅から歩くのですが、酷暑の中、「年寄りの冷や水」では洒落になりませんから、バスで行くことにしました。
愛車帰宅
ところが、この街に住んで27年になりますが、バスに乗った記憶がほとんどありません。
一度だけ、市川駅から松戸駅行きに乗ったことがあったかもしれません。
それこそ当てずっぽうで、駅のバス乗り場に行って、停まっていたバスに乗りました。
路線バスと言うのは、目的地にはまっすぐ行かず、ぐるぐる遠回りをするものですが、バス停の名前も分からず、冷や冷やしながら。
ただ、ある程度の土地勘はありますから、近くになったら降りればよいという訳で。
ところが、途中の病院のバス停で、乗客がみんな降りてしまい、私1人になってしまいました。sweat02
その後、何とか、ディーラーから歩いて3分ぐらいの交差点近くのバス停を通ったので、降りました。
ホッとしました。
スイカが使えたのも一安心。
愛車帰宅
ディーラーでは、オイルやら、経年劣化した部品を交換したりで、安くない費用を支払いました。
来年の車検では、また交換しないといけない物もあるようで、大きな出費になりそうです。
でも、長く快適に、安全に、安心して乗り続けるためには、覚悟しないといけません。
愛車帰宅
女性スタッフの笑顔が良かった。
今まで何度か応対してくれた女性スタッフの人に、(名前は知りませんが)「お元気そうですね。ありがとう」と声をかけたら、笑顔を返してくれました。
愛車も無事に帰って来て、また来週から、田舎参りが続きます。

« F1ドライバーの死 | トップページ | 牡丹燈籠・お露と新三郎の音源 »

徒然」カテゴリの記事