« 強すぎる? | トップページ | 「BE KUWA」? »

2015年6月 5日 (金)

人生”二毛作”…?

memo夕刊フジに「人生二毛作」という記事がありました。
そこに、作家の「車浮代」さんが登場していました。
人生”二毛作”…?
私にとっては、車浮代さんというよりも、「三流亭まど絵」さんの方が、馴染み深い方です。
3年前ぐらいまで、第一次の落語っ子連で、一緒に師匠に稽古をつけていただいていた、言わば"兄弟弟子"です。
残念ながら、本職の文筆業が忙しくなったために、落語っ子連を卒業されました。
昨年、「蔦十のおしえ」というデビュー小説がヒットして、雑誌やテレビでも大活躍されています。
人生”二毛作”…?
まど絵さんの噺で印象に残っているのは、何と言っても、落語っ子連で最後に演った「火事息子」です。
  
人生”二毛作”…?人生”二毛作”…?
正直なところ、「まぁ、随分身の丈よりも大きな噺を」とも思いましたが、きっと何度も何度も稽古をされたんでしょう、見事な出来栄えで、師匠にも褒められました。
考えてみると、落語っ子連でも、扇子っ子連でも、メンバーの個人情報は、お互いにあまり知りません。
ご本人が仰らない限り、高座名とメールアドレスさえ知っていれば十分なんです。
「まど絵さん」、「流三さん」・・・というやり取りで、ほとんど片付いてしまいますから。
記事を拝見すると・・・、まず年齢も初めて知りましたし(失礼)、今までのご経歴も初めてで、稽古で垣間聞きしたことのある部分は、「あぁ、あの時・・・」なんていう感じです。
色々ご苦労もされ、色々頑張って・・・。
女性は強いなぁと思います。

« 強すぎる? | トップページ | 「BE KUWA」? »

落語っ子連」カテゴリの記事