« バックスクリーン直撃 | トップページ | 筋肉痛 »

2015年6月 5日 (金)

破れ家笑児さん

happy01ごらんください、この熱演の表情。
破れ家笑児さんの「宮戸川」。
半七のキャラクターが秀逸でした。
_dsc3332
面白いなぁと思ったのは、笑児さんもプロの噺家さんからご指南を受けているのですが、例えば、私が落語っ子連で師匠からアドバイスやご指導いただくのと、やはり観点が違うんだなと思う点です。
あえて何処だとは言いませんが、ある場面で、師匠なら直すように言われる部分がありました。
師匠は、とにかく基本を大事にされていますから。
いずれにしても、軽いタッチで、ドカンドカンと、会場から笑いを取っています。
なかなか噺を覚えられなくなって、たまさか覚えてもすぐ忘れてしまって・・・なんて、同じ悩みを、出を待つ間に話しました。
「六尺棒」「棒鱈」「やかん」「たらちね」「紙屑屋」・・・、今まで追えどあおば亭でやった演目を見ただけでも、笑児さんの芸風が分かり、私とは完全に対極にあることが分かります。
これからも、お互いに刺激しあって行きたいと思います。

« バックスクリーン直撃 | トップページ | 筋肉痛 »

落研」カテゴリの記事