« 自動車税 | トップページ | 野球の授業? »

2015年5月 8日 (金)

緑茶の効能

japanesetea“緑茶を多く飲む人ほど、死亡するリスクが低くなる”という調査結果を、国立がん研究センターが発表しました。
Pic_f087
全国に住む40歳から69歳の男女およそ9万人を対象に、緑茶を飲む量と死亡との関連をおよそ20年間にわたって調査した結果、緑茶を飲む量が多い人ほど死亡するリスクが減ることがわかり、1日5杯以上飲む人はほとんど飲まない人に比べて、死亡率が男性では13%、女性では17%低かったということです。
死因別でみると、がんについては、関連は見られませんでしたが、心疾患については、緑茶を飲む人ほど死亡率が低いという結果でした。
緑茶に含まれるカテキンやカフェインなどの効果が推定されるということです。

Img_health01
そうか、緑茶を死ぬほど飲めば死なないのか・・・。
cafe一方で、コーヒーはどうか。
コーヒーを1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人よりも死亡リスクが24%減り、特に脳卒中については43%も低下していた。
5杯以上飲む人については十分なデータが得られず、明確な有効性は確認できなかった。

« 自動車税 | トップページ | 野球の授業? »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事