« 5ヶ月 | トップページ | ネパールの人たちのこと »

2015年5月 6日 (水)

松島水族館

学生時代に、合ハイで行ったことがあります。
松島水族館。
東日本大震災による被害を乗り越えて営業を続けていた
松島水族館
「マリンピア松島水族館」が10日、老朽化のため 88年の歴史に幕を下ろすそうです。
松島水族館は昭和2年開業。
国内では富山県の魚津水族館に次ぐ。
東日本大震災では、約 1・8メートルの津波で海水と泥が館内に流れ込み、水槽の循 環装置が故障。
ビーバーやマンボウ、コマッコウなど飼育展示していた約4000点 のうち、約5%が死んだ。
スタッフは熱帯魚のために水槽の水を鍋に入れて温め直し、淡水魚用に真水を調達するなど不眠不休で対応。
全国の水族館の支援も受け、約1カ月後の同年4月23日 には営業再開にこぎつけた。
松島水族館
しかし、老朽化で最終的に閉館が決まり、動物や魚の大半 は7月に仙台市に開館する「仙台うみの杜水族館」に移されるそうです。
また昭和が、思い出の場所がなくなります…。

« 5ヶ月 | トップページ | ネパールの人たちのこと »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事