« 番外あおば亭メモリー | トップページ | 鈴々舎馬桜師匠から »

2015年4月 8日 (水)

肥満〜糖尿病のメカニズム?

hospital肥満が進んで糖尿病や高血圧などの生活習慣病になる仕組みを、 阪大の研究グループがマウス実験で解明 したそうです。
高脂肪・高カロリーの食事をとると出てくる特定のたんぱく質の働きを抑えることで、人でも糖尿病の発症を防ぐことが 期待できるという。        
      肥満〜糖尿病のメカニズム?
肥満になると単に体重が増えるだけでなく、 脂肪細胞などからなる脂肪組織で炎症が起き る。
この炎症が糖尿病や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病につながると考えられている。だが、何が炎症を起こす「引き金」になっている か分かっていなかった。
研究グループは、通常の食事を与えたマウス と高脂肪・高カロリーの食事を与えたマウスの 脂肪組織で起きている現象を調べた。
すると、 高脂肪・高カロリーの食事をとったマウスの脂 肪細胞から特定のたんぱく質が出ており、免疫に関係する細胞を呼び寄せて炎症を増やしていることが分かった。

・・・よく分かりませんが・・・。
そもそも、糖尿病(2型糖尿病)というのは・・・。
糖尿病の98%以上を占め、40歳以降に起こりやすいタイプ。
インスリン分泌の低下あるいはインスリン抵抗性によって骨格筋などでの糖の利用が悪くなり高血糖を来します。
2型糖尿病は多因子遺伝で、家族性に起こります。
日本での患者数は急激に増加し、最近では50歳以上の人の約10%が2型糖尿病だと言われています。
この2型糖尿病はゆっくりと発症し、いつから糖尿病 になったのかわからないこともあります。
高血糖による症状としては、 口渇 、多飲、多尿、多食、体重減少、体力低下、 疲労感、易感染などがあります。
尿に糖が多量に排泄され、その甘い匂いで発見されることも あります。

健康には気をつけないと。
健康ならば命なんて要りませんよ。
ダイエットを始めてちょうど1年経過しました。
気持ちの問題かもしれませんが、体調も良くなった気がします。
身体が軽くなって、動くのに億劫ではなくなって来た気もします。
今は、リバウンドの恐怖に怯えつつ・・・。
最近ちょっと緊張感が緩んで来たのかなと思うので。

« 番外あおば亭メモリー | トップページ | 鈴々舎馬桜師匠から »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事