« 大気不安定 | トップページ | ニッパー爪切り »

2015年4月17日 (金)

第4回深川三流亭メモリー

11
圓窓師匠にご指南いただいている「第二次落語っ子連」の落語会メモリーズ④。
2014(平成25)年10月18日(土)、古石場文化センターにて。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2014/10/post-4.html
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2014/10/post-3.html
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2014/10/post-7688.html
実は、一番苦しい落語会でした。
ずっと稽古に出られず、集中出来ない状態が続きました。
母が入院して、毎週帰省する日々でしたから、噺をまとめることなど出来ないと思いました。

Photo それでも、「一人酒盛」は、大きく2点のトライアルでした。
まずは、脱人情噺であること。
そして、テクニカルな面での新しいチャレンジでもあること。
1_2 師匠の演出は、全編一人の台詞だけで演じていくと言うもの。
しかも、酒を飲みながら徐々に酔っぱらって行くという。 33 もう少しテンポ良くやることが出来れば、かなり聴かせられる気がしました。
私の代表作の一つにしたいと思いました。
14136082064091 越児さん(寝蔵師匠)が「芝浜」をお演りになりました。
「井戸の茶碗」に続き、先にやられてしまったと、やや焦ったものでした。
まだ帰省を繰り返して落ち着かない中、何とか形にすることが出来ました。
不完全燃焼の部分は否定出来ませんが、少し成長出来たかもしれません。

« 大気不安定 | トップページ | ニッパー爪切り »

落語っ子連」カテゴリの記事