« あわや… | トップページ | 三遊亭圓窓の落語体験教室メモリー »

2015年4月17日 (金)

東京落語会

東京落語会
東京落語会
何とか会場に入ったのが、ちょうど仲入りの時。
扇遊師匠を聴きたかったのですが、残念ながら、間に合いませんでした。
仲入り後の2席を聴きました。
売れっ子の一之輔さん、松戸市民会館の和室の「馬津郷寄席」で頑張っていた二つ目の頃が懐かしい…。
何か、噺の中に入れるくすぐりに品がなく、雑に感じられます。
客席は、何でこんな下卑たくすぐりに笑うんだろう…と不思議に思います。
登場人物にみんな毒がある。
喬太郎さんもそうですが、技量があるなら、何故その技量で勝負しないのでしょう?
いつものように、閉演後、一緒に飲んだ頓平師匠も同じご意見だったので、原理主義者だけの思いではなさそうです。

« あわや… | トップページ | 三遊亭圓窓の落語体験教室メモリー »

寄席・落語会」カテゴリの記事