« 東京かわら版に | トップページ | 月のみや・・・ »

2015年4月 7日 (火)

第3回お江戸あおば亭メモリー

event毎回のOB落語会のメモリーズ③。
裏を返した第2回の半年後に、とうとう馴染みの会となりました。
平成23(2011)年11月12日(土)、浅草ことぶ季亭にて。
201111121135000_2今回より、「お江戸OB落語会」から「お江戸あおば亭」に会の名称を変更しました。
「あおば亭」という名前で、落語会もOB会報も統一しました。
勿論、「青葉もゆるこのみちのく」ですから。
「H先生」のめくりも、「お江戸あおば亭」と、OBのアルファベット文字がなくなり、寄席の雰囲気がさらに増しました。
3回目となって、ご贔屓も増えて来ました。
中でも、故初代麻雀亭駄楽師匠の同期の先輩方は、ずっと応援してくださっていて、出演者に手拭いなどを頂戴しました。
本当にありがたいことです。
  ◇ 転失気         賀千家ぴん吉
  ◇ カラオケ病院      桂友楽
  ◇ 厩火事         南亭蕪生
  ◇ 宿屋の富        喰亭寝蔵
  ◇ 六尺棒         破れ家笑児
  ◇ 藪入り          金願亭乱志
  ◇ らくだ          談亭志ん志
Photo_3
私は、トリの前で「藪入り」をやらせていただきました。
Image001
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2011/11/post-9.html
Image003_2
学生最後の高座でしくじった、トラウマになっていた噺。
何十年たって、何とかリベンジすることが出来ました。
Dsc03563
オチは、師匠のでやったので、ネズミ捕りの懸賞ではありません。
後で、オチについて色々なご質問をいただきました。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2011/11/post-fa75.html
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2011/11/post-533a-1.html
Dsc03564
プログラムは、少々どぎついかもしれませんが、黄色にしました。
Photo
裏表紙には、「東北大学落語研究部のあゆみ」を載せました。
Photo_2
この時、出演者(有志)から、もっと落語会の回数を増やしたいという声が、誰からともなく上がり、番外の落語会(番外あおば亭)が企画されました。

« 東京かわら版に | トップページ | 月のみや・・・ »

落研」カテゴリの記事