« 前座失格!? | トップページ | 神田明神の本 »

2015年4月27日 (月)

第10回千早亭落語会メモリー

event千早亭落語会メモリーズ⑩。
2015(平成27)年3月16日(土)千早地域文化創造館にて。
第10回、とうとう「つ離れ」しました。Photo
師匠の豊島区の落語教室の第一期のメンバーでスタートしたグループですが、ちょうど5年が経つということです。
14263037132161
東日本大震災の時は、発表会(千早亭落語会)をどうしようか・・・なんて、様々な出来事もありましたが、師匠とメンバーの皆さんの熱意で、賑やかに稽古に励んでいます。
(フラフラしている私以外は・・・。)
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2015/03/post-e5fd.html
今回も大入満員でした。
私は、仲入り前で「蒟蒻問答」にチャレンジしました。
この半年間も、ほとんど稽古会に参加出来ず、かなりのストレスでしたが、落語っ子連の稽古の際に一人特訓をして、何とか間に合わせました。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2015/03/post-8370.html
14251911083191
今回のチャレンジは、直前に稽古をしていて思いついた、語りのスピードとペース。
もしかすると、物凄く粗っぽい高座になったかもしれません。
恐らく、今までの私の高座の中では、極めて酷い出来だったかもしれません。
終演後、百人さんから、「永久さん、さすがにしっかりまとめたね」との言葉と、「物凄いハイペースだったね」とのコメント。
ダメです、これでは。
こんな高座ではダメだ。
14263225686821
今回も叔父夫妻が、知人の方も連れて来てくれました。
実を言うと、稽古が出来ていないのを一番知ってくれているので、いつものように「是非来てください」とは思えずでした。
不出来で恥ずかしいですが、今日もありがとうございましたと、お礼のメールを送信したところ、早速返信をしてくれました。
昨日は、(叔父が誘ってくれた)多数の方々が喜んで帰りました。
中でも(私も存じ上げている)○○さんは、「間の取り方はさすがに上手ですね」と言っていました。
練習不足など感じませんでした。
永年の努力の結果ですね。

・・・お世辞100%のコメ ントですが、それだけに辛い・・・。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2015/03/post-025e.html
翌日は、猛省しました。
やる前から予想していた反省をしている自分に気がついて、さらに落ち込みました。
それにしてもひどい出来でした。
逃げていました。
忙しい、心身の余裕がないことを言い訳にして・・・。
とにかく、稽古もしないままに3月になってしまい、あと2週間足らずになっても、高座本を手放すことが出来ない状態・・・。
かなり追い込まれていました。
そんな中で、これも形は違うかもしれませんが、少し早口、ペースを上げてみようと思ったのは、稽古では、意外にすんなりと台詞が出て来たからです。
「覚えようとしないけれども、ちゃんと台詞が出て来るじゃないか・・・」なんて、本当にそんな感じがしていました。
早く語ることと、粗っぽく語ることとは、全く違います。
もう一度、しっかり反省して、自分の型を固めたいと思いました。Dsc_4221
・・・と言う訳で、落語に戻って来て、落研のOB会「お江戸あおば亭」「一番丁はずみ亭」で9回、落語っ子連の「発表会第一次)」で5回、「深川三流亭」で4回、扇子っ子連の「千早亭落語会」で10回と、お客さまの前で噺をさせていただきました。
仙台でのOB落語会の高座や、出前の落語なども入れると、約35回にもなりました。
来月は、第5回「深川三流亭」と第8回「お江戸あおば亭」に出演する予定です。
演目は、「浜野矩随」と「笠と赤い風車」。
まだまだ私の落語徘徊は続きます。

« 前座失格!? | トップページ | 神田明神の本 »

千早亭」カテゴリの記事