« 米朝師匠の帯久 | トップページ | 株価 »

2015年4月10日 (金)

一番丁はずみ亭メモリー

event番外のOB落語会第2弾「一番丁はずみ亭」自主公演メモリー②。
「番外あおば亭」は、わかりづらいというOBからの意見で、新たな名称を考えたもの。
平成24(2012)年12月15日(土)、浅草ことぶ季亭にて。
Ncm_07331
新しい名前で開催した「一番丁はずみ亭」は、本当に温かい多くのお客さま、ご贔屓のおかげで、大盛会になりました。
Photo_21

"主催者側発表"で、53名のご来場だったそうです。
Ncm_07351_3
  ◇転宅        南亭蕪生
  ◇堪忍袋       喰亭寝蔵
  ◇犬の目       恋し家古狂
  ◇帯久        金願亭乱志
         仲入り
  ◇あくび指南    破れ家笑児
  ◆三味線漫談   林家あずみ
  ◇一分茶番     談亭志ん志    Ncm_07602
私は、仲入り前で「帯久」をやりました。Imgp1041
叔父が連れて来てくれた方が、大変喜んでくださったそうで、「こんなに素晴らしいのに、入場無料だなんて申し訳ない」と、帰り道叔父にお金を支払おうとしたそうです。
叔父がやっと説得して、おさめてもらったそうです。
Dsc06228
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2012/12/post-463a.htmlNcm_0751
今回も、林家あずみさんがスペシャルゲストで出演してくださいました。
・・・この番外公演は、自然にあずみさんを囲む会になったようです。
Ncm_07511
…残念ながら、その後あずみさんが多忙になったこともあって、この番外公演は行われていません。
これからは、例えば、私と笑児さんの二人会とか、私と寝蔵師匠ととん平師匠の落語っ子連三人会とか、もう少し小ぶりな会を展開して行くのも一方策かもしれません。

« 米朝師匠の帯久 | トップページ | 株価 »

落研」カテゴリの記事