« 大呆け | トップページ | 師匠から »

2015年3月16日 (月)

次の噺

book次の演目は何にしようか・・・・。
何をやっていいのか、何がやりたいのか・・・。
千早亭も三流亭もあおば亭も、出演者の技量も上がり、時間や演目の調整も必要となり、遠慮しなくてはいけなくなり、選択が難しくなりました。1002019_329868753823002_62382253_n
屏風さんからは、「文七元結」のリクエストがありました。
「井戸の茶碗」や「芝浜」は、既に他のメンバーに先行されましたから、暫く出来ませんし。
「火事息子」「百年目」「猫定」「いただき猫」「お初徳兵衛浮名桟橋」「お節徳三郎」「唐茄子屋政談」「子別れ」「水神」・・・・。
独演会でもやらない限り、これらは無理でしょう。
「二番煎じ」「明烏」か・・・。

« 大呆け | トップページ | 師匠から »

千早亭」カテゴリの記事