« 歩き稽古 | トップページ | 山形新幹線 »

2015年3月 9日 (月)

日本海側の天候・・・

bullettrainこれから山形に向かいます。
ところが、天気予報によると、急速に発達する低気圧の影響で、これから10日にかけて全国的に風が強まり、日本海側や標高の高い地域では雪が降る見込みだとのこと。
日本海側の天候・・・
気象庁によりますと、九州の南にある低気圧の影響で西日本の広い範囲で雨が降り、沿岸部では風が強まっています。
低気圧は、このあと急速に発達しながら本州の南岸を東へ進み、10日は三陸沖に達すると予想され、西日本の上空には真冬並みの強い寒気が南下する見込みです。
このため、これから10日にかけて全国的に風が強まって、西日本から北日本にかけての広い範囲で雨が降り、日本海側や標高の高い地域では雪が降る見込みです。
10日にかけての最大風速は北陸と北日本の陸上と、西日本から北日本にかけての海上で20mから25m、最大瞬間風速は30mから35mと予想されています。
沿岸は10日にかけて広い範囲で大しけとなり、北日本や北陸の沿岸は波の高さが7mに達する見込みです。
低気圧は11日にかけて北海道に近づき、日本付近は冬型の気圧配置となる見込みで、11日は日本海側を中心に雪が降り、北海道と東北では非常に強い風が吹いて猛吹雪となるおそれがあります。10日の朝までに降る雪の量は北海道東部の多いところで50cmと予想され、その後は北海道の日本海側などでも雪の量が増える見込みです。
気象庁は、暴風雪や高波などに警戒し、電線や樹木への着雪、雪崩などに十分注意するよう呼びかけています。

・・・やや不安。
全く何の装備?もせずに、普通の格好で行きますから。
不安になったので、宿泊予定のホテルに、予約の確認のついでに天気を尋ねました。
「ただいまは、雪は降っていません。積雪もありません」ということでした。

« 歩き稽古 | トップページ | 山形新幹線 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事