« 気になる言葉 | トップページ | ギャロッピング? »

2015年3月 9日 (月)

今どきの話し言葉

coldsweats01「ビジネス場面で信頼感を落とす話し言葉」なんていう記事がありました。
様々なテクノロジーの進化とも相まって複雑化する一方のコミュニケーション環境の中で、あらためてその重要性がクローズアップされている「リアルな会話」において、そのメインツールである「話し言葉(特に最近よく使われている話し言葉)」は、どのような受け止められ方をしているのか。
“嫌われトップ3”は、「…でよろしかったでしょうか?」「なくないですか?」「違(ちが)くて」・・・だそうです。
今どきの話し言葉として、「嫌い」ランキング(全対象30語中)は以下のとおり。
 
 1.「…でよろしかったでしょうか?」
 2.「なくないですか?」
 3.「違(ちが)くて」
 4.「…じゃないですか」
 5.「っていうか」
 6.「なるほどですね」
 7.「…になります」
 8.「…みたいな。」
 9.「なるはやで」
10.「自分的には」

・・・確かに、全て嫌ですね。
「違くて」というのは、そもそも間違っていますよね。
次に「ビジネスでの信頼度」を落とす危険性が高い話し言葉。
ワーストは、「…っていうか」だそうです。
ビジネス場面で話し相手が使ったとき、その人への「信頼度」が低くなるランキング(全対象30語中)は。
 1.「っていうか」
 2.「ヤバい」
 3.「違(ちが)くて」
 4.「チョー」
 5.「なくないですか?」
 6.「…みたいな。」
 7.「ガチで」
 8.「ハンパない」
 9.「ぶっちゃけ」
10.「なるはやで」

下は、調査対象の30語です。 
    
  1.「ヤバい」(非常に魅力的)
  2.「ハンパない」(半端じゃなくものすごい)
  3.「イケてる」(魅力的でカッコいい)
  4.「ギリで」(ギリギリで)
  5.「ガチで」(本気で)
  6.「ぶっちゃけ」(正直に言って)
  7.「基本的には」(大まかには)
  8.「違(ちが)くて」(そうではなくて)
  9.「ベタな」(ありきたりで何のひねりもない)
10.「びみょう」(正直なところ、やや否定的)
11.「サクっと」(短時間で簡単に)
12.「めっちゃ」(非常に)
13.「マジで」(本気で)
14.「チョー」(とても)
15.「まるっと」(全体的に体裁よく)
16.「なるはやで」(なるべく早く)
17.「全然あり」(普通に受け入れられる)
18.「リアルに」(本当に)
19.「テンパる」(余裕がなくなり慌てる)
20.「自分的には」(私の個人的見解としては)
21.「いまっぽい」(最近の流行に合った)
22.「速攻で」(すぐに)
23.「なくないですか?」(あり得なくないですか?)
24.「大丈夫です」(必要ありません/結構です)
25.「…じゃないですか」(…なわけですよ)
26.「なるほどですね」(なるほど、そうなんですね)
27.「…で、よろしかったでしょうか?」(…で、よろしいでしょうか?)
28.「…になります」(…でございます/です)
29.【言い切りの形で】「…みたいな。」(…といったようなカンジ)
30.【話し始めで】「っていうか」(と言うよりも)

・・・あぁぁぁ、嫌だ嫌だ・・・・。

« 気になる言葉 | トップページ | ギャロッピング? »

巷談」カテゴリの記事