« 新国立競技場 | トップページ | かつぎ屋さん »

2015年3月13日 (金)

そら飛ぶソーラー

sun東日本大震災以降、再生可能エネルギーに注目が集まっています。
そら飛ぶソーラー
太陽光だけで飛ぶスイスの電気飛行機「ソーラー・インパルス2」が、アラブ首長国連邦のアブダビから人類初の世界一周飛行に飛び立ったそうです。
重さ2.3トン、ジャンボ機より長い72メートルの両翼を持った単座機で、これを2人のパイロットが交代で操縦。
そら飛ぶソーラー
アブダビを出発し、東回りにオマーン、インド、ミヤンマー、 中国を経由、太平洋を横断してハワイへ。
北米での大陸横断飛行は、アリゾナ州フェニックスなど2ヶ所を経てニューヨークへ。
大西洋を越えた後は、南欧ルートか北アフリカ沿岸のどちらかを飛んで出発地点のアブダビに戻る予定とのこと。
カーボンファイバー製の超軽量機体に積む燃料はゼロ。
勿論、排ガスもゼロ。
動力は、両翼に搭載した17,000の太陽電池 から供給される電力のみですが、今回初めて夜間飛行も可能になったそうです。
そら飛ぶソーラー
「翼よ、あれがパリの灯だ」なんて言う気障な台詞も言える訳。
夢がありますね。
それにしても、太陽の力というのは物凄いものです。

« 新国立競技場 | トップページ | かつぎ屋さん »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事