« 立春~雪 | トップページ | 巣鴨獅子座 »

2015年2月 4日 (水)

生恵方巻?

shock昨日、名古屋市の某老舗デパートで、とんかつを揚げ忘れて生のまま巻いた「恵方巻」が販売されていたことが分かりました。
「なま春巻」なんていうのはありますが。2015020400000028mai0006view_2
これを「トンだ恵方巻」と言います・・・なんてバカなことを言ってちゃいけません。
34本が販売されましたが、今のところ購入した客から体調不良の訴えはないということです。
地下食品売り場で販売していた、節分に食べる風習のある「恵方巻」の中に、具に巻いた豚肉が生のままのものが含まれていたという・・・pig
製造元の会社は、他社から仕入れた冷凍肉を自然解凍したあと、「みそ」を塗って恵方巻にしており、去年まで揚げた状態で冷凍したとんかつを仕入れていたため同じ方法で調理してしまったと説明しているそうです。
今年のは去年と違って、揚げないままで冷凍しているのが「ミソ」だったのに、気がつかなかったんですね。
生のままで食べた人は、さぞやピッグり(びっくり)したでしょうね。
製造元には、カツ(喝)を入れないといけません。
ところで恵方巻きというのは、どうやら元々は関西で行われていたもののようですが、某コンビニチェーンに踊らされて、最近はポピュラーになって来たようです。9a841255141f069c4e58ab4b47c58849_2
恵方巻は、太巻き(巻き寿司)を、節分の夜にその年の恵方に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら丸かじりする習わし。
「目を閉じて」食べるともされる一方、春が来るのに障害となる"金気"を「笑い」という"火気"で滅ぼす(火剋金)という趣旨で「笑いながら食べる」という人もいるそうですが・・・、どうでも良いことです。
ちなみにも今年の恵方は、「庚(かのえ)=西南西」だったそうですが、これって、いつ・誰が決めているんでしょう?

« 立春~雪 | トップページ | 巣鴨獅子座 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事