« 落語芸術協会のHP | トップページ | 仕事始め »

2015年1月 5日 (月)

消防団梯子乗り

28a4f9ed052a23dbe9ef52a9fc765573お正月の行事の中でも勇壮なのは。消防の出初式です。
また、梯子乗りの演技も披露されているようです。
甲府市消防団の出初式で、市川三郷町の消防団員が、この梯子乗りで転落して怪我をしたそうです。
幸い命には別条なかったようですが、骨折したようです。
下はコンクリートですから・・・。
梯子乗りの起源は定かではないようですが、延宝年間(1673~1681)ころの見世物の一つに、「はしごさし」という言葉が見えていますので、この頃から行われるようになったのかもしれません。
享和3(1803)年には大阪の女軽業師玉本小金が、はしごの上でしゃちほこ立ちをして見せたという記録があります。
消防出初式の発端となった万治2(1659)年の上野東照宮前の出初では、すでに神前ではしご乗りを披露していますので、消防のはしご乗りは歴史も古く、長い伝統があるということになります。
D2197b21d85286c098cd1667ca7a33e3

« 落語芸術協会のHP | トップページ | 仕事始め »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事