« ミライ快走 | トップページ | インフルエンザ »

2015年1月17日 (土)

あれから20年

Img_020年前の今日のちょうど今頃の時刻に、阪神・淡路大震災が起こりました。
私は、起床して、朝食を食べながら、テレビで地震の発生を知りました。
しかし、その段階では「京都方面で地震」という報道で、その程度の情報で通勤して、大手町のオフィスに着いて初めて、阪神高速が倒れている映像を見て愕然としました。6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から20年になり、被災 した地域では地震が起きた午前5時46分に合わせて犠牲者に黙祷を捧げました。
神戸市を中心に震度7の激しい揺れが襲い、6434人 が死亡、およそ25万棟の住宅が全半壊しました。
その後、およそ16兆円を投じて復興事業が進められ、この20年で、被災 した地域の人口や経済指標はおおむね震災前の水準まで回復しました。
また、震災はその後の日本の防災や災害対応の在り方にも大きな影響を与え、全国で建物の耐震化が進められているほか、被災者を支える災害ボラン ティアの 重要性も広く認識されるようになりました。

1258
しかし、住まいを失った人たちが暮らす復興住宅では2人に1人が65歳以上となり、住民どうしの支え合いができずに孤独死が相次ぐなど課題も残されています。
まだまだ癒されませんね。
師匠が、東日本大震災を意識して創作された「揺れるとき」は、そういう意味でも、ずっと語り続けたいと思います。

« ミライ快走 | トップページ | インフルエンザ »

徒然」カテゴリの記事