« 雪 | トップページ | 東名高速 »

2015年1月30日 (金)

復興…

trainあの東日本大震災から間もなく4年になります。
東日本大震災で被災したJR仙石線が、5月にやっと全線運転を再開するそうです。
仙台、石巻両市をつなぐ主要路線が震災から約4年2カ月ぶりに結ばれることになります。
再開と同時に、東北線に乗り入れる「仙石東北ライン」の運行も始まり、仙台-石巻間の所要時間は最速約1時間と震災前より10分程度短縮されるとのこと。
20150130001jc
仙石線で運行を休止している高城町-陸前小野間は、陸前大塚-陸前小野間の線路を約500メートル内陸の高台に移設。
同区間の東松島市の東名、野蒜両駅は新しくなる。
あおば通-石巻間全線は震災前より1.2キロ短い49.0キロ。
あおば通、仙台-石巻間の運賃は840円に設定する。
仙石東北ラインは仙石線松島海岸-高城町間と東北線塩釜-松島間に設ける約300メートルの接続線を利用し、東北線の仙台駅と仙石線の石巻駅をつなぐ。
運行本数は未定。
使用するのは、ディーゼルエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド型車両。車体は仙石線で使っている青と、沿線の桜をイメージしたピンクを基調にした。
計16両を導入し、主に4両編成で運行する。
復興…
仙石線は震災で全線がストップした。
2011年3月28日にあおば通-小鶴新田間で運転を再開。
4月7日の余震で再び休止し、同15日に復旧した。
同年に小鶴新田-高城町間、矢本-石巻間、12年に陸前小野-矢本間でそれぞれ再開した。
残る高城町-陸前小野間を含む区間は現在も代行バス輸送を実施している。

下宿が、東北本線の東仙台駅と仙石線の苦竹駅の間にあったので、普段は市営バスで通学しましたが、時々利用していました。
当時の仙石線は、黄緑色の山手線のお下がり車両で運行していました。
やっと全線が開通するんですね。

« 雪 | トップページ | 東名高速 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事