« 謹賀新年 | トップページ | 注連飾り »

2015年1月 1日 (木)

お正月の飾り

scissors分かっているつもりでも、意外に知らないものです。
日本では、正月に幸せを運ぶ神様が来ると言われています。
多くの人が、自分の家に神様が来るように、いろいろな飾りをします。
家の門や入り口には、松と竹で作った「門松」を置きます。
お正月の飾り
神様が道を間違えないで家に来ることができるようにするためです。
家の入り口には、わらで作った「注連(しめ)飾り」を付けます。
お正月の飾り
「注連飾り」は、神様のためにきれいにした場所という印です。
そして、家の中には「鏡餅」を置きます。
お正月の飾り
餅の形が昔の鏡に似ているため、 鏡餅という名前になりました。
鏡餅は、大きな丸い形の餅の上に小さな丸い形の餅を置いて、重ねます。
2つの餅を重ねると、幸せが2倍になると言われています。
今年こそは幸せを呼び込みたいものですね。

« 謹賀新年 | トップページ | 注連飾り »

季節・散歩」カテゴリの記事