« 誰やねん? | トップページ | 専門家お薦めの古典落語 »

2015年1月 7日 (水)

守銭奴

kissmark例の口曲がり、漢字読めない大臣が、またやらかしました。
某財務相は、信託協会の賀詞交歓会での挨拶で、企業の内部留保蓄積が328兆円にまで膨らんでいることを指摘し、「まだカネをためたいなんて、ただの守銭奴にすぎない」と批判。
その後、批判され、例によって釈明会見。
「個別の企業について申し上げたのではない」としたうえで、「デフレ不況と闘っている中で、好ましいとは思わない。そのことを説明する趣旨だった」と。
驚いたことがあります。
「守銭奴」を「しゅせんど」と、正しく読めたんですね。
「しゅぜにやっこ」などとは言わなかった・・・。
これは、未曾有(みぞうゆう)なことですね。

« 誰やねん? | トップページ | 専門家お薦めの古典落語 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事