« 今年の漢字 | トップページ | 今日の富士山 »

2014年12月13日 (土)

「プレイバック・新作落語発表会!」

A873b7f40a10da9fbb51ec546e92d867_40落研のブログに「プレイバック・新作落語発表会!」という、10月に開催した落語会の様子がアップされました。
現役部員の皆さんの楽しそうな顔が素敵です。
今の若者たち!という感じです。20141018dsc_8429
会の内容や演出を拝見すると、オジサン的には「落語会」というより「落語会のような会」ですね。
あるいは、「Rakugo会」かな。
http://tohokuochiken.blog56.fc2.com/blog-entry-372.html
イベントの企画に色々な工夫をすることは大切です。
重要なのは、その企画の内容の位置を見失わないことです。
落語研究部なんだけれども、たまには落語ではなく「Rakugo」をやってみようと開催したイベントだという・・・。
だから落研史上初なんだし、お客様にも受け入れていただける。
この揺るがない幹・軸を持ち続けて、是非とも様々なアイデアを考えてトライアルを続けて欲しいですね。
お見事でした。
20141018dsc_8427
20141018dsc_8480
20141018dsc_8490
ところで、多くの写真を拝見していて、実は気になった点が1つだけあります。
以前から思っていたことなんですが。20141018dsc03271
それは、看板(キャラコ)とめくりです。
芸能・演芸の場では、恐らく、「清める」とか「清浄」などの観点から、折ったり、皺があったりするのは、忌み嫌う気がします。
我々の現役時代は、キャラコを板に張って看板にし、めくりも折って皺にならないように、丸めて保管していました。
プロの噺家さんも、自分のめくりを折り曲げては持ち歩かないと思います。
何と言っても、めくりは、噺家さんの表札・名刺・名札ですから。
だから、ことによると、折らずに保管した方が良いんじゃないかと。
こんな感じで。
Ncm_00901
  
  
  
  
なんとも小言幸兵衛さんで申し訳ありません。
頼もしい現役部員の皆さん、これからも頑張ってください。

« 今年の漢字 | トップページ | 今日の富士山 »

落研」カテゴリの記事