« 年賀状印刷 | トップページ | イノシシ・猪 »

2014年12月10日 (水)

プロの噺家さん

kissmark桂才紫改め桂やまとさんのツイート。
昨日は「第3回 やまと独演会」でした。
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございます!
「芝浜」は今年あと何回できるだろうか?
「掛取り」「にらみ返し」「尻餅」も。
期間限定の噺には独特な魅力があって、しかも難しい。
そして毎年自分のなかで、何かが変わってきたことを実感する。

・・・とても前向きな新真打です。
読んで思うのは、「芝浜」を演るというのは、プロの噺家さんにすれば、ごく日常のことなんですね。
私など、2年越しで「鰍沢」にチャレンジして玉砕しましたし、「明烏」と「蒟蒻問答」を前にして足踏みをしています。
最近は特に、もう落語が覚えられなくなってしまうのではという恐怖感にかられています。
小袁治師匠のブログを拝見すると、食べることと飲むことなど、色々な話題が満載ですが、噺の稽古は全く語られませんから、さりげなく、今日は「子は鎹」だとか、久しぶりに「ねずみ」を演ったとか・・・。
やはり、若い頃からの稽古・修行で、噺がどっさりストックされているんですね。
そんなふうになりたいなぁぁぁ。無理だろうと思いますが。

« 年賀状印刷 | トップページ | イノシシ・猪 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事