« ラジオ寄席 | トップページ | Suica(スイカ) »

2014年12月22日 (月)

朔旦冬至

sun今年は19年に一度の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」だそうです。Large
歳時記によると、冬至というのは…「二十四節気の一つで、太陽の黄経が270度に達したとき。新暦の12月22日ごろにあたり、北半球では一年中で昼が最も短い…」とあるそうです。
二十四節気は、二週間ごとに季節の節目を定め、その移ろいを表わしている歳時記ですが、中でも、夏至と冬至は、昼夜の時間の節目として大きな存在だそうで、古代中国においては、冬至を一年のはじまりとしていたと。
Setu
時計を思い浮かべてみると…冬至が12時・夏至が6時、3時に春分、9時に秋分で四分割。
その他の節気を5分刻みに置き、時計回りに季節が巡る。
別名「一陽来復(いちようらいふく)」は、陰(夜)がきわまり陽(昼)が復する、という意味でお目出度い日とされ、五穀豊穣や無病息災を願う日となりました。
では、「朔旦冬至」はどういうことかと・・・。
新月は月の満ち欠けの始まりの日(朔旦)にあたります。
今年の冬至は新月と一緒になるそうです。
…それで、月と太陽の始まる日が重なり、「朔旦冬至」となる。

太陽と月の運行が重なるこの周期は、19年に一度で訪れ、「月と太陽が調和する貴重な日」として、盛大にお祝いをされていた時代もあったそうです。
今夜は、我が家はゆず湯かもしれません。
・・・もう冬至、今年も10日を残すだけになりました。

« ラジオ寄席 | トップページ | Suica(スイカ) »

季節・散歩」カテゴリの記事