« 柳家小袁治師匠のブログ | トップページ | レジェンド »

2014年11月10日 (月)

鼻濁音

karaoke荒井由美さんやサザンオールスターズなど、ニューミュージックと言われる音楽ジャンルが広がり始めた頃、私はまさに落研にいたのですが、鼻濁音を使わない歌い方に違和感を感じたものでした。
要するに、「が・ぎ・ぐ・げ・ご」の発音に2種類あるということです。
難しいことを言うと、鼻濁音とはこんな風に説明されています。Q57illust
鼻濁音(びだくおん)とは、日本語で濁音の子音(有声破裂音)を発音するとき鼻に音を抜くものを言う。
音声上は
ま行子音 /m/な行子音 /n/ と同じ鼻音であり、ガ行子音/ɡ/における鼻濁音(ガ行鼻濁音)ならば、軟口蓋鼻音である。
東北方言などでは、タ行子音 /t/ などにもみられる現象である(入り渡り鼻音)ほか、特にガ行子音 /ɡ/ での鼻濁音使用が、日本語共通語の発音に関連してしばしば話題にされてきた。
共通語の有力な母体となった伝統的な東京方言が、厳格なガ行鼻濁音に関する法則を持つため、ガ行鼻濁音は日本語共通語の規範的・標準的な発音と見なされてきたことによる。
例えば舞台芸術や映画の俳優の発話や、NHKなどテレビ・ラジオ局のアナウンサーの発音教育でも、従来は伝統的な東京方言の法則に基づく厳格なガ行鼻濁音の使用と使い分けが徹底されてきた。
しかし、現在の一般的な日本の小学校・中学校などにおける国語教育では、鼻濁音の指導は学習内容に含まれていない。
また、日本語の母語話者であっても、鼻濁音を用いるか用いないか、鼻濁音を規範的と捉えているかそうでないかには地域差や個人差がある。

・・・ということです。
Bidakuon現在は、ガ行鼻濁音の使用自体が、全体に衰退傾向となっている。
東北方言では、濁音弁別要素としてのガ行鼻濁音は、音韻体系上一連のものである語中清音の有声化・濁音子音の入り渡り鼻音の衰退と軌を一にして、若年層を中心に衰退傾向が著しい。
東京方言では、条件異音の条件を使いこなせない話者が増えて、自由異音となったり全く使わなくなったりする話者が若年層を中心に多い。
この傾向は、従来は厳格なガ行鼻濁音の東京方言式の使い分け教育を受けてきたはずの、俳優・タレントや在東京民放(キー局)各局の若手アナウンサーにも見られ、民放の約2/3、NHKでも約1/3の若手アナウンサーが東京方言式鼻濁音を使っていないという指摘がある。

落語、特に江戸落語を演る上では、この鼻濁音は重要だと思いますが、使わなくなりつつある傾向というのは心配です。

« 柳家小袁治師匠のブログ | トップページ | レジェンド »

徒然」カテゴリの記事