« 故郷へ錦 | トップページ | ピン芸人「Pepper」 »

2014年11月29日 (土)

母校へ錦

schoolこれまた愛媛新聞という地方紙から。
話芸のプロから伝える力を学ぼう―。
愛媛大学教育学部卒の落語家古今亭菊志んさんを招いた「魅力的な話し方講座」が開講され、後輩の学生さん約80人が、先輩の軽妙な語り口を楽しみながら話術のコツを教わったそうです。
菊志んさんは、「子ほめ」で会場を沸かせ、テンポの緩急や声の強弱、間のとり方など、聞き手に集中してもらうための工夫を解説。
マクラでは、高座で使う道具の説明から、地方巡業、人付き合いと、少しずつ学生に身近な話題へとつなげて本編に入ったそうで、「自分に関係があると思わせること」が話の掴みのポイントだと説明したそうです。
これまた羨ましいですね。
ところで、菊志んさんの出演料はいくらだったのでしょう。
そりゃぁあなた、彼の母校なんだし、「子ほめ」を演ったんだから、どう見てもタダでしょう。

« 故郷へ錦 | トップページ | ピン芸人「Pepper」 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事