« 朝日名人会 | トップページ | 会報「あおば亭」脱稿 »

2014年11月17日 (月)

方言落語?

memo先日の朝日新聞のの夕刊に、「方言落語」の記事がありました。
B2kb9qjciaeqxf1
方言を直して江戸言葉で落語をやるのも難しいけれど、国の言葉でやるのも相当なものだという、ある師匠のコメントもありました。
趣向としては面白いとは思いますが、落語原理主義者の私としては、方言や外国語で語る落語には違和感があります。
別に、普通に演じれば良いと思います。
特に、外国語落語は、やるならば日本語の語りで字幕を入れるべきだと思います。
(江戸)落語は、江戸弁という方言で成り立っています。
後で標準語とされた言葉に近いので、全国で受け入れ易いこともあります。
私も、自分では訛りはないと思っていますが、師匠に稽古をつけていただいていると、よくイントネーションの注意を受けます。
気をつけている時は出ませんが、ちょっとしたきっかけで、イントネーションが違っていることが多いです。
そういう点では、私は、甲州弁も、駿河弁も、東北弁も、江戸弁も、どれも中途半端なんだなと痛感します。
方言落語・・・・放言落語ではありません。

« 朝日名人会 | トップページ | 会報「あおば亭」脱稿 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事