« 桂小金治師匠の訃報 | トップページ | 落語の舞台を歩く会 »

2014年11月 5日 (水)

後十三夜

fullmoon本日11月5日は、後十三夜(のちのじゅうさんや)。
何でも、171年ぶりに「ミラクルムーン」が見られる日だとか。27697_01
月見は、主に旧暦8月15日から16日の夜(八月十五夜)と、日本では旧暦9月13日から14日の夜(九月十三夜)に行われます。
従って、単に「十五夜」「十三夜」という場合、これらの夜を意味することになります。
江戸時代の遊里では、十五夜と十三夜の両方を祝い、どちらか片方の月見しかしない客は「片月見」または「片見月」で縁起が悪いと遊女らに嫌われたそうです。
二度目の通い(浦を返すこと)を確実に行なうために、十五夜に有力な客を誘う(相手はどうしても十三夜にも来なければならないため)風習があったそうです。
そして、旧暦の閏月で閏8月または閏9月が挿入される場合には、1年で十五夜または十三夜が二度現れることがあり、この二度目については、それぞれ「後の十五夜」、「後の十三夜」と呼ばれているそうです。
今年は、171年ぶりに閏9月がもうけられる年になるので、「後十三夜」となっている訳です。

色々難しいですが、ロマンチックですね。
こういうのは、月ならではだと思いますね。
この間の、火球の慌しさとは違う天体ショーです。

« 桂小金治師匠の訃報 | トップページ | 落語の舞台を歩く会 »

季節・散歩」カテゴリの記事