« 桂小金治語録 | トップページ | ささやかなお祝い »

2014年11月 4日 (火)

視野検査

hospital8月以来、約2ヶ月半ぶりに病院へ行きました。
目的は、ダイエットの効果確認です。
今日は、眼科にも行き、白内障や緑内障がないかの検査をしてもらいました。
視力や眼圧を測ったり、眼低検査、そして視野検査等々・・・。
眼球に風を当てる眼圧測定と、視野検査は嫌ですね。
視野検査は、こんな機械を覗き込んで、片目ずつ、それぞれ7~8分をかけて、一点を見ながら、色々な場所に緑色の信号が点滅するので、認識したら手に持った釦を押すというもの。
この検査、痛いとか、苦しいとかではありませんが、かなり辛いものがありますね。
視野検査
検査が終わると、左右の眼の様子が、こんな風に表示されます。
Eye_nomal_2黒く濃い部分は、必ずある死角だそうで、それ以外の場所が黒くなっていると、その部分の視覚が失われていることを示すそうです。
おかげさまで、眼圧と視野は問題なく、白内障と緑内障の兆候もないということでした。
主治医の診察を受ける前に、採血・採尿をして、各種数値を測ります。
それから、ロビーに置いてある機械で血圧の測定もしておきます。
おかげさまで、全ての数値が改善して、医師からは「極めて順調」とのコメントをもらいました。
それにしても、1時間近く待って、診察(問診)は「順調です。・・・それでは次回は・・・」で、1分足らずです。
それでも診察代がかかるのですから、元を取ろうという訳で、くだらない質問をしてみたりして。
経過が順調なので、次回の診療は、来年の3月3日。
医師には、「それでは先生、良いお年を」と挨拶をして辞去。
もうデブだとは言わせません。
そして、決してリバウンドさせません。
健康でさえあれば、命なんか要りません。

« 桂小金治語録 | トップページ | ささやかなお祝い »

徒然」カテゴリの記事