« 緊急地震速報 | トップページ | 糸魚川−静岡構造線 »

2014年11月23日 (日)

11月23日

cafe田舎の実家で迎えた「勤労感謝の日」。
明治以来、天皇制がなくなるまで、11月23日(第2卯の日)は「新嘗祭(にいなめさい)」という祭日だったそうです。
Image新しくその日に生まれた米の収穫を感謝する祭りで7世紀頃に宮中儀式として確立されたようです。
これが、1948年の「祝日法」により「勤労感謝の日」に制定されましたという訳です。
新嘗祭は、新穀の収穫を神に感謝するお祭りのことで、毎年11月23日に行われています。3
「新嘗」とは、その年に収穫された新しい穀物を食すること。
新嘗祭は、日本の古くからの重要な祭儀であり「豊葦原の瑞穂の国」の祭祀を司る最高責任者である天皇が、その年にとれた新穀を天神地祇に供えて、 農作物の収穫に感謝するとともに、自らも初めて召し上がる祭典です。
2この日は祭日で、全国の農山漁村ではもちろんのこと、それぞれの地方で神社に新穀を捧げ、その年の収穫を神々に感謝してお祝いをしてきました。
戦後に勤労感謝の日になりましたが、新嘗祭は、元々天皇と国民とが一体となって天地自然の神々に感謝し、収穫を喜び合う全国民的な祭典だったんですね。

« 緊急地震速報 | トップページ | 糸魚川−静岡構造線 »

季節・散歩」カテゴリの記事