« リニア新幹線の愛称 | トップページ | 幸福の黄色いハンカチ »

2014年11月19日 (水)

MIRAI(ミライ)

bullettrainリニア新幹線の愛称ではありません。
Fcv_2トヨタ自動車が、水素で走る燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を12月15日に723万6000円(消費税込み)で世界に先駆けて市販すると発表したそうです。
FCVの普及を後押しするため、1台あたり202万円の補助金が出るので、実質負担額は約520万円になります。
FCVは、走行中に排ガスを出さず、水しか出さないことから「究極のエコカー」と呼ばれています。
ミライは4人乗りのセダンで、エンジンとガソリンタンクの代わりに独自に開発した燃料電池と高圧水素タンクを積み込んでいる。
水素の補給に必要な時間は約3分で、満タンで約650キロ・メートル走ることができる。
モーターで駆動するため、走行中の音は静かで、加速性能も高い。
災害などで停電した時は、車を電源として利用できる。
ハイブリット車、プラグインハイブリット車、燃料電池車、それから水素エンジン車・・・。
様々なエコカーが出て来ます。
未来は楽しみですが、トヨタのミライはどうでしょうか・・・。
それにしても、昔いくらか贔屓にしていた当時No,2メーカーだったN社は、随分後方に置いていかれましたね。
様々な面で魅力が感じられません。
目立つのは、社長の報酬がメチャクチャ高いことぐらい。
マツダやスバルの最近の躍進も、明らかに強みを持っているからですが、N社は・・・・?

« リニア新幹線の愛称 | トップページ | 幸福の黄色いハンカチ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事