« 嵐の前の・・・? | トップページ | 避難準備情報 »

2014年10月13日 (月)

また談志語録

mistこれがあの有名な「イリュージョン」のイメージでしょうか?
言葉で説明できない、形にとらわれない、訳のわからないものが人間の奥底にあって、これを表に出すと社会が成り立たないから、「常識」というフィクションを拵えてどうにか過ごしている。
落語が人間を描くものである以上、そういう人間の不完全さまで踏み込んで演じるべきではないか。

・・・よく分からない部分はありますが、「常識」がフィクションかは疑問ですが、後段の部分は、それはありだと思います。
※「落語家語録」といツイートを読んで、我が落語徘徊と比べたり、色々考えたりしています。

« 嵐の前の・・・? | トップページ | 避難準備情報 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事