« 三流亭千公さん | トップページ | 何のために走るのか・・? »

2014年10月21日 (火)

三流亭越児さん

cherry名人・喰亭寝蔵師匠は、三流亭越児さんでも名人です。
千公さんと百梅さんに、この高座を聴いて「いつかは"芝浜"」だと言わせました。

尊敬するオールラウンダーの越児さんですが、率直に申し上げると、あまり得意なタイプの噺ではないので、少々苦労されたと思います。
が、出来は、そんなことを一般の方々に微塵も感じさせないものでした。
これで、「井戸の茶碗」「芝浜」と、誰でも演りたいと思う噺を2席手中にされました。
仲入り前の越児さんの時は、ご来場者が増え続け、満席・立ち見になってしまうので、4~5名のお客さまには、入場を控えていただくことになってしまいました。
私も、後半は障子越しに聴かせていただきましたが、長講に会場が静まり返り、お客さまのハートをしっかり捕えていました。

« 三流亭千公さん | トップページ | 何のために走るのか・・? »

落語っ子連」カテゴリの記事