« 着物のシミ | トップページ | 三流亭千公さん »

2014年10月21日 (火)

三流亭百梅さん

apple百梅さんは「火焔太鼓」。

メンバーの中で飛び抜けての若手です。
他の5人がアラカン(還暦)なのに、百梅さんは、ほぼその半分。
今回も、百梅さんと一緒に、ご友人の結婚式に行く予定の同僚も含めて、10人以上が来てくれました。
その中でも、何人かは、仲入り後の私の高座を聴いてくれました。
百梅さんには、この中から、是非メンバーになってくれる人はいないかと、お願いしました。
さて、噺の方は、師匠から上達したと褒められました。
火焔太鼓も、師匠からアドバイスされて、オチに関係のある半鐘のことを、四谷の消防博物館に行って調べたり、本当に熱心です。
この青い着物には、百梅にちなんで、梅の紋が染められています。
落語を始めて3年近くになり、持ちネタも増えて来て、自信もついて来たようで、すっかり"らしく"なったのが、とても嬉しく思います。

« 着物のシミ | トップページ | 三流亭千公さん »

落語っ子連」カテゴリの記事