« 志ん朝語録 | トップページ | 深川三流亭のBD »

2014年10月30日 (木)

落語日和

180020_s160落語を知らなくても、落語の歴史や噺家の事がひと目で判る。
噺家の美しい仕草を写真で楽しめる落語の魅力が満載の一冊。
落語の始まりや散歩コースまで、写真と図版で紹介。
古今亭菊ノ丞のCD付き。

東京かわら版で紹介されていたのを、上野駅の本屋さんで見つけ、思わず購入しましたが、取り立てて珍しい内容ではありません。
ただ、山川出版社の刊行というのが、気になりました。
確か、高校時代の歴史関連の教科書や参考書でお馴染みだったので、とても懐かしくて。Sim
灰色の表紙の世界史と、茶色の表紙の日本史の教科書でした。
表紙の素材と字体に特徴がありましたので、妙に覚えています。
私は、こう見えても、日本史が得意でしたから、この教科書には良い思い出ばかりが残っています。
ただ、日本史に比べると、世界史はやや苦手でしたから、ちょいと複雑ではありますが。
考えてみると、私の歴史の知識は、落語に関するものを除けば、この教科書から学んだことが全てだと言っても過言ではないと思います。
歴史専門の出版社が出した、落語の歴史の部分は、とても信頼感と説得力がありますね。

« 志ん朝語録 | トップページ | 深川三流亭のBD »

書籍・CD・DVD」カテゴリの記事