« 秋の月(十三夜) | トップページ | 皆既月食 »

2014年10月 7日 (火)

私戦予備陰謀罪?

bombあまり耳慣れませんが、「私戦予備陰謀罪」というのは、外国に対して私的な戦闘を企てることなどを禁じているものです。Joubikesi
シリアの反政府武装組織「イスラム国」に加わろうと渡航を企てたとして、警視庁公安部は、刑法の私戦予備・陰謀の疑いで26歳の北大の男子学生(休学中)らを事情聴取し、東京都内の関係先数カ所を家宅捜索。
男は「イスラム国の戦闘員として働きたかった」と容疑を認めている。
日本人がイスラム国に参加する動きが発覚したのは初。
「イスラム国」は、イラクやシリアで勢力を拡大、米国などが軍事行動を開始。
国連でも外国人戦闘員への処罰を義務づける決議案が国連安全保障理事会の首脳級会合で採択されるなどしていた。

いやはや・・・、恐ろしいことです。
日本国内でも、イスラム国が入り込んでいるんですね。
こんな息子がいたら・・・、親御さんは心配でしょうね。
「臥煙」になりたいという若旦那(火事息子)とは、訳が違います。

36980163
【私戦予備陰謀罪】
外国に対して私的に戦闘行為をする目的で、その準備や陰謀をする罪。刑法第93条が禁じ、3か月以上5年以下の禁錮に処せられる。
ただし、自首した者は刑が免除される。

よく分かりませんが、「傭兵」というのもありますが、これとは違うんでしょうね。
日本人でも傭兵として海外の戦場に赴く人もいると聞いていますが。
【傭兵】
金銭などの利益により雇われ、直接に利害関係の無い戦争に参加する兵またはその集団。傭兵は現代でも存在しており、民間軍事会社のような新しい形態の傭兵も登場している。
直接利害関係のない第三者でも、大義、信念、信仰などに基づいており金銭が主要目的でないものは義勇兵と呼ぶが、両者の区別はさほど厳密ではない。
また国軍の職業軍人は金銭で雇われているが、利害関係のある自国のために戦うため傭兵とは呼ばない。

« 秋の月(十三夜) | トップページ | 皆既月食 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事