« 永久保存版 古今亭志ん朝 | トップページ | 蛍の光の歌詞 »

2014年10月24日 (金)

朝日名人会のこと

Main_visual_2
朝日名人会は、1999年2月25日より有楽町朝日ホールでスタート以来、15年間・年10回の公演を重ねている、ホール落語会の代表格です。
来年いよいよ150回目を数えることになるそうです。
私も、100回目前後の時には、年間予約席に当選したりして、随分通ったものです。
販売即完売の超人気の落語会です。Ncm_00461
そして、この落語会を音源に、「朝日名人会ライヴシリーズ」と称したCDが発売されています。
第1巻目は、1999年12月発売の「古今亭志ん朝(お見立て /  火焔太鼓)」でした。
そして、今年10月22日発売の「柳家権太楼(家見舞 / うどん屋)」で、シリーズ通算100タイトルを達成したそうです。
師匠の「鼓ヶ滝」や「写経猿」、「鬼の涙」なども収録されていて、何枚かは購入しています。
確か、京須偕充さんがプロデュースされているはずで、膨大なシリーズ、貴重な音源だと思います。
最近は、もう2年ぐらい行くことが出来ずにいます。
年間あるいは6ヶ月予約席の抽選に、ことごとく外れていて。

« 永久保存版 古今亭志ん朝 | トップページ | 蛍の光の歌詞 »

寄席・落語会」カテゴリの記事