« 何のために走るのか・・? | トップページ | 三流亭流三 »

2014年10月22日 (水)

三流亭新参さん

chair(ここからは、私が楽屋で着替えたり、受付けにいたりしたので、写真がありません。)
驚くなかれ、新参さんのご両親がご夫妻でご来場くださいました。
お父上は92歳、お母上は89歳のカップルが、電車に乗って、門前仲町まで来てくださり、息子さんの高座に聴き入ってくださいました。
お父上は、「お江戸あおば亭」には、新参さんの娘さん親子と一緒に来てくださったことがありますが、お母上は初めてで、しかもお二人でというのは驚きです。
開演から最後までいてくださり、お二人でお元気に帰られました。
老いた両親をいつくしみの眼差しで迎える新参さんの姿を見て、本当に羨ましく思いました。
えっ?
肝心の新参さんの噺はどうだったかって?
・・・あぁぁ、「道具屋」をお演りになってたみたいです。
お雛さまの首が抜けるとか何とか・・・・。

« 何のために走るのか・・? | トップページ | 三流亭流三 »

落語っ子連」カテゴリの記事