« 女心と秋の空・・・? | トップページ | 神田連雀亭の佇まい »

2014年10月 9日 (木)

井の線亭ぽんぽこさん

crown井の線亭ぽんぽこさんの、OB会のMLへの投稿。
14124872294511第6回社会人落語日本一決定戦に参加してまいりました。
残念ながら予選落ちでしたが、いい勉強をさせていただきました。
今後とも精進したいと思います。

いやはや、先日、私が「こき下ろした」コンクールに参加していたんですねcoldsweats01
まぁ、人それぞれ考え方も違いますから、それはそれとして、素晴らしいことだと思います。
彼は、学生時代から、「策伝大賞」などにも参加して、華々しい実績を残していますから。
彼のセンスとキャラクターには、OB落語会でもファンが多く、なかなかいい線です。
私の経験から言えば、やはり我流(自己流)の落語ですから、細かい部分で基礎が出来ていない、本人が気がついていない部分があると思います。
落研出身者特有のクセを、取り除くことが必要だと思います。
L_ea3ea0bcf94f09681c1d909d16a0703d6
私も、同じことを師匠から言われて、基礎から作り直しました。
ですから、私の現役時代と50周年記念OB落語会の両方の「浜野矩随」を聴いてくださった「杜の家愛狂」姐さんが、「乱志君の雰囲気(芸風)のイメージが随分変わった」と仰ったぐらいです。
今、落語っ子連や扇子っ子連の稽古で、他のメンバーの稽古への師匠のアドバイスを聞いて、その基礎の大切さを実感しています。
臆病な私には、こんな他流試合に行くことなど出来ませんから、心から敬意を表したいと思います。

« 女心と秋の空・・・? | トップページ | 神田連雀亭の佇まい »

落研」カテゴリの記事