« 酉の市 | トップページ | 猪、鹿、猿・・・ »

2014年10月25日 (土)

お江戸日本橋

shoe我々の幼い頃は、「お江戸日本橋」という歌も、よく耳にしていた気がします。
学生時代も、東北放送ラジオで、市内のデパートの案内をする番組があり、「三越仙台店」のBGMは、確かこれでした。
この歌詞も、子どもの時は、教えられるがままに覚えていましたが、落語を演り始めて、例えば、日本橋から品川までの距離感や、東海道の様子などを垣間見ることが出来るので、とても嬉しかったことを覚えています。
この歌は、もともと「童謡」ではなく、幕末〜明治に流行した「俗謡」で、江戸の日本橋から京までの東海道を歌いこんだ「こちゃえ節」という歌だったそうで、子供向きの歌だと思うと歌詞が意味不明ですが、実は大人向けの歌なんだとか。
Cover53tsugi01
東海道の宿場には、かならず女郎屋がありました。
旅の男にとって、土地土地の女を買うのも大きな楽しみだったのですが、 「こちゃえ、こちゃえ」というのは、「こちらへどうぞー!」と女郎が客を呼び込むかけ声なんですね。
これが明治大正に、子供向けの歌に書き改められたのですが、女郎が客を引く「こちゃえ」だけはそのまま残ってしまったという訳。
元の歌詞をちょいと追いかけてみました。
  お江戸日本橋  七ツ立ち  初のぼり
  行列そろえて  あれわいさのさ
  コチャ高輪  夜明けて  提灯消す
    (コチャエー コチャエー)
  恋の品川  女郎衆に  袖ひかれ
  乗りかけ  お馬の  鈴が森
  コチャ大森細工の  松たけを
    (コチャエー コチャエー)
  六郷渡れば川崎の  万年屋
  鶴と亀との  よね饅頭
  コチャ 神奈川急いで  程ヶ谷へ
    (コチャエー コチャエー)
  痴話で口説は  信濃坂
  戸塚まえ   藤沢寺の門前で
  コチャとどめし車  そ綱でひく
    (コチャエー コチャエー)
  馬入渡りて平塚の  女郎衆は
  大磯小磯の  客をひく
  コチャ小田原評議で  あつくなる
    (コチャエー コチャエー)
  登る箱根の お関所で  ちよいとまくり
  若衆のものとは  受け取れぬ
  コチャ新道じゃないかと  ちょと三島
    (コチャエー コチャエー)

そして、地元?の原・吉原・蒲原・由比・興津あたりになります。
  酒もぬまずに原つづみ 吉原の
  富士の山川  白酒を
  コチャ姐さん出しかけ 蒲原へ

    (コチャエー コチャエー)

  愚痴を由井だす薩埵(さった)坂 馬鹿らしや
  絡んだ口説きも 興津川
  コチャ欺まして寝かして 恋の坂

    (コチャエー コチャエー)
・・・まあかなりきわどい内容のようです。
江戸(日本橋)を七つ(午前4時頃)に発つと、東海道最初の宿場である品川の手前の高輪(今の品川駅のあたり)で夜が明けて来るので、提灯を消す・・・。
六郷(多摩川)を渡って・・・、イメージが湧くんです。
ところで、「あれわいさのさ」という言葉の意味が分かりません。
掛け声なんでしょうか?
俗曲の「深川」でも、出て来る言葉です。
ちょいと調べてみると、京都でお公家さんの嫁入りなどの折、奴が掛けた声が元祖とされているという説があるようです。
また「さあ、祝おう」の意味などの説もあるようですが、はっきり分からないようです。
奴のかけ声で芝居などで多用され、大名行列や合いの手としてのイメージで一般に広まったものだということでしょうか?
そして、この歌は、東海道を京に上ってから、江戸に下る往復が歌われているそうです。
「上り唄」と「下り唄」があるんです。 

       上り唄
お江戸日本橋七つ立ち、初上り。あ々こりやこりや。行列揃えて、あれわいさのさ、こちや、高輪、夜明けの提灯消す。 こちやえ、こちやえ(以下囃子略)
恋の品川女郎衆に、袖ひかれ、のりかけお馬の鈴が森。こちや大森細工の松たけを。
六郷あたりで川崎の、まんねんや。鶴と亀との米まんじゆう。こちや神奈川いそいで保土ヶ谷へ。
痴話で口説は信濃坂、戸塚まあえ、藤沢寺の門前で、こちやとどめし車そ綱でひく。
馬入りわたりて平塚の、女郎衆は、大磯小磯の客をひく。こちや小田原相談熱くなる。
登る箱根のお関所で、ちょいと捲り、若衆のものとは受取れぬ。 こちや新造じゃぢゃないよとちょいと三島
酒もぬまずつゞみ、吉原の、富士の山川白酒を、こちや姐さん出しかけ蒲原へ。
愚痴を由井だす(さった)坂、馬鹿らしや。絡んだ口説きも興津川。こりや欺まして寝かして恋の坂。
江尻つかれてきは府中、はま鞠子、どらをうつのかどうらんこ、こりや岡部で笑はゞ笑わんせ。
藤枝娘のしをらしや、投げ島田、大井川いと抱きしめて、こちやいやでもおうでも金谷せぬ。
十一 小夜の中山夜泣石。日坂の、名物わらびの餅を焼く、こちやいそいで通れや掛川へ。
十二 袋井通りで見附けられ、浜松の、木陰で舞坂まくり上げ、こちや渡舟(わたし)に乗るのは新井宿。
十三 お前と白須賀二タ川の、吉田やの、二階の隅ではつの御油、こちやお顔は赤坂藤川へ。
十四 岡崎女郎衆はちん池鯉鮒、よくそろい、鳴海絞りはの舟、こちや焼蛤をちょいと桑名
十五 四日市から石薬師、願をかけ、庄野悪さをなおさんと、こちや亀山薬師を伏し拝み。
十六 互いに手を取り急ぐ旅、心坂の下から見上ぐれば、こちや土山つゞじで日を暮らす。
十七 水口びるに紅をさし、玉揃ひ、どんな石部のお方でも、こちや色にまようてぐにやぐにやと。
十八 お前と私は草津縁、ぱちやぱちやと、夜毎に搗いたる姥ヶ餅、こちや矢橋で大津入り。

これから江戸に下ります。

      下り唄
花のは夜をこめて、逢坂の。あ々こりゃこりゃ。夕つげ鳥に送られて、こちや、名残をしくも、大津まで。こちやえ、こちやえ。
瀬田の長橋打渡り、近江路や、まのの浦風身にしみて、こちや草津石部水口へ。
土山行くのをふりすてて、情山、心細くも坂の下こちや人目のを忍びつつ。
往来をまねくをばな咲く、野尻より、亀山庄野石薬師。こちや追分行くのは四日市
かひを桑名の渡しより、尾張なる、熱田のを伏し拝み、こちや鳴海池鯉鮒の染め尽し。
岡崎通りて藤川の、流れなる、赤坂越えて御油までも、こちや吉田二夕川白須賀へ。
新井の渡船、帆をあげて、扇開いて、舞坂の、こちや浜松越えて見附けらる。
袋井掛川打過ぎて、日坂の、小夜の中山夜泣石、こちや菊川渡りて、袖ぬらす。
いはで焦るる金ヶ谷で、思わずも、花の女郎衆は大井川、こちや二八ばかりの投げ島田
花のゆかりの藤枝に、思ひきや、かかる岡崎真葛原、こちや夢か現か、宇津の女で。
十一 津田の細道はかゆかず、花染の、衣物の袖を振りはいて、こちや鞠子府中の賑ひな。
十二 江尻興津の浜辺より、はるばると、三保の松原右に見て、こちや浮世の塵を薩多坂。
十三 我元由井の乱れ髪、はらはらと、蒲原かけて降る雪は、こちや富士の裾野の吉原へ。
十四 沼津三島への、朝露に、かけ行く先は小笹原、こちや越え行く先は箱根山。
十五 雲井の花をわけすてて、小田原の、大磯小磯を打ち過ぎて、こちや平塚女郎衆の御手枕。
十六 花の藤沢過ぎかねて、神の露、ちぢに砕いて戸塚より、こちや保土ヶ谷までの物思ひ。
十七 思う心の神奈川や、川崎を、通れば、やがて六郷川、こちや大森小幡で鈴ヶ森。
十八 酔いも鮫洲に品川の、女郎衆に、心引かれて旅の人、こちや憂を忘れてお江戸入り。

お帰りなさい。お疲れさまでした。

« 酉の市 | トップページ | 猪、鹿、猿・・・ »

徒然」カテゴリの記事