« ラジオ寄席 | トップページ | 深川三流亭のご来客 »

2014年10月19日 (日)

長屋馬

最近、師匠が編集を終えたと仰る、高座本のページ数が最多だという「長屋馬」という噺。
・・・元の古典落語に、師匠が独自の名前をつけられたものだということは分かるのですが、何だろう、どの噺だろと思っていました。
長屋?馬?・・・・?
そうか、「らくだ」ではないか?
師匠が、あまり好んでお演りにならない長講です。
それから、「長屋」が舞台で、ここの住人は「らくだ」というあだ名の「馬さん」ですから。
昨日の深川三流亭の打ち上げの時に、師匠に質問してみました。
すると、越児さんが、私が欠席している稽古会時にこの話題になって、私の推理はあたっていなかったと言われました。
そして、正答は、「妾馬(八五郎出世)」だそうです。
なるほど、確かに・・・。

« ラジオ寄席 | トップページ | 深川三流亭のご来客 »

落語・噺・ネタ」カテゴリの記事