« 最強の台風? | トップページ | COREDO落語会 »

2014年10月15日 (水)

枝雀語録

eye自分の芸を求めすぎて?自ら命を絶ったのが上方の枝雀師匠でした。O0528062412254514854
私の中に私を見てる枝雀がいて、これが私になかなかオーケーを出してくれなかったんです。
それがこのごろはだいぶオーケーに近づいてきた。
見ててください。もうじき自分の落語を完成させます。

これは、一度元気になられた頃のものでしょう。
東京の志ん朝、上方の枝雀と、熱狂的なファンが多く、名人と並び称されています。
私は、落語原理主義者を自認していますから、あの芸は、芸の真ん中を行ってはいないし、品格は求められないと思っています。
ですから、正直なところ、あまり聴きません。
「一人酒盛」も、数少ない演者の音源しかありませんが、枝雀師匠のは聴いていません。
私の場合、自分が演じる前提で聞いている部分もあると思いますので、良くも悪くも、あの芸風には追いついて行けないし、あまり魅力も感じないのです。
落語は、「語り」が大前提だと思うからです。
※「落語語録」というツイートから引用させていただいています。

« 最強の台風? | トップページ | COREDO落語会 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事